読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negativedge

はてなグループ難民

昨日見た夢

怪綺談から何年後か経った魔界。
魔界の実質的な支配を行っているのは「魔王」と呼ばれている人物だった。
自分はその魔王氏の運営している会社で働く事になって、さっそく入社日に檄を飛ばす魔王氏を見てえらく感銘を受けたのだが
自分に割りあてられた仕事が何故か、魔王の母親である魔界神の世話係で
さっそくその魔界神とやらの居る施設に向かうのだが、
行ってみた先が如何にも魔界の辺境で人里離れた場所に立ってる老人ホーム的な建物。
そこに連れてきた前任者?というか担当者にも
「嫌なら早いとこ嫌だと言った方がいいぞ。ここに送られるってことはそれなりに期待されてるんだからな。失望させる前にはやいとこ退いた方がいい」
みたいな事を言われて、そうかじゃあ頑張るしかないなと思い始めたところで
魔界神と言えば神綺様じゃないかと気付き
ということはこれからはここで神綺様と何かしらのまったりライフをすごせるのかと若干期待に胸が膨らんだところで目が覚めた


どういう夢なんだろうね。
おそらく怪綺談EDじゃ魔界人はロクに神綺様の言う事聞いてないみたいだし、それに民間の観光会社みたいなのもあるらしいから、そんなら魔界神の代わりに魔界を統率している組織(人物)があってもおかしくないという発想で生まれたんだろうか

どうでもいいけど世話係的な人なら夢子さんいるよな。夢子さんどこ行っちゃったの
実は魔王が夢子さんとか言うオチなのか