読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negativedge

はてなグループ難民

2016年秋アニメ途中

なんかもう忙しすぎて見る気にもならんすね。ほとんど放置気味。

終末のイゼッタ

相変わらずの「世界名作劇場」臭。これ本当に深夜やってんの?ってぐらい古臭い印象。と言うか、古典をアニメにしてるって印象。脚本家は子供向けの脚本しか書いたことがないのか、あるいは相当古い時代の人なのか。毎回の話に緊張感もないスピード感もない目新しさもない。なんで深夜やってんのか不思議なレベルではある。
大体近代兵器に魔法で対抗ってギミックがそもそも古い。今の流行りは逆なのにね。
話作ったのが軍オタである可能性もあるが。とりあえず軍オタの作る話って類型のものばっかであんま面白いもんないよね。まあ軍オタになったきっかけがそういう軍人のエピソードとかである可能性はあるから、まあどっかで聞いたような話になるのは致し方ないのかね。

それにしても9話で白髪の強敵登場って夢喰いメリーかよってな。祖先のクローン蘇生したってものなんか桔梗?(犬夜叉の)っぽい感じではあるし。いやまぁ、この手の話にはお約束ギミックだよね。というか若干古臭くはあるな…
まあきらいじゃないけど
f:id:ext3:20161204221554p:plain
f:id:ext3:20161204222348p:plain


こういう話が大きく変わる系のガジェットはもうちょっと早めに出しといたほうが良いんじゃないの?これじゃゆゆゆの二の舞いだよ。キャラデザもBUNBUNだし。
まあ、話作ったのが軍オタ系っぽいから、単に実在の兵器に超自然的な、だけど結局は現代兵器的な系統の代物ぶつけてみたいって欲求が出てこういうことになったんかね。
これが深夜やってて、鉄血が夕方やってるってのが一番の謎

バーナード嬢曰く

神林がドンドン美少女化していっている…。問題は終了後の一迅社CMの原作絵がとてつもなく微妙に見えることだな
話自体は問題なく面白いね。ド嬢の喋り方は相変わらず面白い。

他…他なんかありましたっけ